Featured

近頃市場に出回っている自動車は最初からカーナビゲーションシステ

Read More
近頃市場に出回っている自動車は最初からカーナビゲーションシステ

近頃市場に出回っている自動車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものがほとんどと言えるでしょう。

 

このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではさほど査定額に影響を及ぼさなくなりました。

 

ロッキー 新車 値引き 限界

Continue reading "近頃市場に出回っている自動車は最初からカーナビゲーションシステ"

Featured

雪が積もった日、車が滑り、フロントを電信柱にぶつ

Read More
雪が積もった日、車が滑り、フロントを電信柱にぶつ

雪が積もった日、車が滑り、フロントを電信柱にぶつけてしまいました。

 

 

 

どうにかエンジンには損傷が発生しなかったのですが、そんな状況でも事故車扱いに変化してしまうでしょう。

 

ヴェゼル 新車 値引き 限界

Continue reading "雪が積もった日、車が滑り、フロントを電信柱にぶつ"

Featured

車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長

Read More
車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長

車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長くなるほど評価が下がると考えられます。

 

 

 

特に10万キロ超えの車だとどんなに希少価値のある車であっても基本的に値段がつかないと査定されることを覚悟しておいてください。

 

新車値引き交渉への手引き

Continue reading "車査定では走行距離をまずチェックされますが、距離が長"

Featured

程度にもよるので一概にはいえませんが、車の

Read More
程度にもよるので一概にはいえませんが、車の

程度にもよるので一概にはいえませんが、車の中がヤニ臭いときには査定時に減額されるでしょう。

過去に喫煙したであろう車は、煙草を吸う習慣のない人には買ってもらうことが大変難しいからです。

 

シャトル 新車 値引き 限界

Continue reading "程度にもよるので一概にはいえませんが、車の"

Featured

自動車の年間走行距離というと、自家用車に限

Read More
自動車の年間走行距離というと、自家用車に限

自動車の年間走行距離というと、自家用車に限って言えば1年で普通、10000kmが目安と言われます。年式を問わず走行距離数が5万を超えた車は多走行車と言われて買取査定の際にはしっかり減点されます。

 

ヴォクシー 新車 値引き 2020

Continue reading "自動車の年間走行距離というと、自家用車に限"

Featured

10万キロを超えた車は業者に査定してもらってもたい

Read More
10万キロを超えた車は業者に査定してもらってもたい

10万キロを超えた車は業者に査定してもらってもたいていが、買取不可になってしまいます。

 

 

ですが、タイヤがまだ新しかったり、半年以上の車検が残っているなどのメリットがある中古車は買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

フォレスター 新車 値引き 限界

Continue reading "10万キロを超えた車は業者に査定してもらってもたい"