走行距離数が一定以上の車というのは、査定

Read More
走行距離数が一定以上の車というのは、査定

走行距離数が一定以上の車というのは、査定時にマイナス評価がつく可能性があります。

 

減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、総走行距離が10万キロ以上だと過走行車という扱いで、中古車市場では買い手を見つけるのが難しく、ゼロ円査定も珍しくありません。 Continue reading "走行距離数が一定以上の車というのは、査定"